1日がかりの病院の大半は待ち時間という耐えがたい現実

1日がかりの病院の大半は待ち時間という耐えがたい現実

約1年に総合病院に診察に行ってきました。近所の病院で紹介状を書いてもらったのですが、紹介状があるにもかかわらず、待ち時間が2時間以上ありました。
ただ待つだけの辛さを感じるのも、大人になってからは初めてかもしれません。

おまけに前日の夜は寝付きが悪く睡眠不足だったので、とにかく体がだるくて仕方なかったです。椅子で横になって眠れたらよかったのですが、ちょっとのスペースも許されないほど人がいっぱいいたので、横になることなんてできませんでした。

メインである診察のほうは、2時間以上待ったわりには大したことがありませんでした。近所の病院の診察内容となんら違いはなく、処方された薬も近所の病院で出してもらえるようなものばかり。

ぶっちゃけ「わざわざ総合病院の意味があるのかな?」と、診察や薬の処方に疑問を感じました。

さらにひどかったのが、総合病院で出してもらった薬の副作用で眠気が強く出てしまい、結局別の薬に変えてもらったことです。家から遠い総合病院に通院するのは面倒ですが、これからの半年間は月に1回のペースで診察してもらわなくてはいけません。

ちなみに、総合病院の近くにある調剤薬局にはコーヒーや紅茶などのソフトドリンクが飲み放題でした。調剤薬局も待ち時間が1時間くらいあって長いのですが、無料のドリンクがあると待っている間少し気分が楽になります。

結局、総合病院に診察に来た日は1日の大半が潰れてしまい、その多くが待ち時間であるという耐えがたい現実があります。

子ども時分に最も並んだのがドラクエの発売日でしたが、そのときは周りに友達もいて、夜通し語り明かしたらお店のシャッターが開いた記憶があります。

ただ今回は自分の体のこと。「健康」って大切ですからね。私はアレルギー系の疾患なのでオペの必要ありませんが、おそらく一生のお付き合いになるもの。なので諦めも必要な部分があって、待ち時間をいかにエンタメ化していくのかが大切になります。

スマホの仕様もいろいろと変化させていく必要がありそうです。

クリーニングで失敗したくない高級ダウンはプラスキューブがいい

クリーニングで失敗したくない高級ダウンはプラスキューブがいい

令和になってゴールデンウイークが終わって、ようやく自分のコトや家のことに手が回るようになってきました。ゴールデンウイーク中は誰かしら家にいるので、掃除もままならなかったりしますよね。掃除機かけてると子どもからうるさいとクレーム来たりしますし…。

衣替えもその一つで、子供達が家にいるとなんだかせわしなくて落ち着かなくて、今いち衣替えが進みません。たたんで積み上げていた洋服も平然と蹴飛ばされます。

そのうち蹴飛ばされた洋服と、本来なら洗濯カゴに入っていなければならない洗われるはずの洋服がごっちゃになって、どっちがどっちなのかがわからなくなるので子供達がいるときにする衣替えに気乗りしないのです。

衣替えとはクリーニングに出すことでもある

衣替えと一口に言っても、結局は洋服を冬眠させる前にキレイな状態にしておくことをいうので、「衣替え=クリーニング」という図式になると思います。つまりどの洋服をクリーニングに出すかの選別が私にとっての衣替えなのです。

コート、ダウンジャケット、フリース、カーディガン、セータなのどのニット系など、来シーズンも着たい洋服と今シーズン限りでオサラバしたい洋服の仕分け。それが衣替えの醍醐味なのです。

洋服は想い出のアルバムでもある

今シーズン限りでオサラバする洋服を仕分けるときは、その服を着てあった人のことやお喋りした会話、食べたものや見た景色などたくさんの想い出があふれ出てくるんです。

私にとっての衣替えとは洋服の仕分けでもあるのですが、その洋服の仕分けは想い出を反すうするための大切な時間だったのです。今こうして書いていることでそのことに気づいたので、言葉にするとか文字として書き残しておくのはとても大切なことなのです。

値段の高い洋服は値段の高いクリーニングがいいと思った

この冬に買った洋服の中で最も高価だったものがモンクレールのダウン。頑張って買ったという貧乏くさい精神があるせいか、1年でも長く愛用していきたいと思っているのです。回数自体はそれなりに着たし、袖や腰のあたりはきっと擦れて汚れていることは明白です。

そこでクリーニング。どこに出すかネットで探しました。プラスキューブというところに出すことにしました。決め手になったのは店主の方が元アパレルデザイナーで、洋服にあったクリーニングをしてもらえそうだと感じたこと。それと他の人とは一緒にされない個別洗いは魅力に感じました。

そのぶんほかと比べるとクリーニング代はかかりますが、かかるといっても2倍も3倍も高くなるわけではありません。わずか数千円の違いで質の高いクリーニングをやってもらえるなら、むしろ安いかもしれないと思ってプラスキューブを選びました。

プラスキューブを選ぶ上で参考にしたサイトはこちら⇒個別洗いで評判のプラスキューブのクリーニングを徹底レビュー

プラスキューブそのものがあまり有名ではないせいか、口コミや評判をネット上で探してもいまいち信用出来ないものが多い中、こうして実際に利用した人のレビュー記事があるのは貴重です。

 

 

単身赴任の夫は宅配クリーニングのリネットに夢中

先月は単身赴任の夫の洗濯物(主にワイシャツ)は自分で洗ってもらうように提案していました。溜まったワイシャツを洗ってアイロンかけるって結構な重労働になりますからね。

記事:先月のワイシャツ洗いま宣言

夫氏、贔屓の宅配クリーニングがリネットに決まったようです

宅配クリーニングを運良く受け入れてもらって、比較サイトでおすすめだったリネットを利用したようででした。リネットは初回から箱の準備はしなくていいし、朝注文すると夜には集荷に来てもらえるのでワイシャツが溜まることがなくなったと喜んでいました。

今までならワイシャツの洗濯を溜め込んでは新しいワイシャツを買っていましたからね。たったそれだけのことが大きな進歩になるんだから、どれだけ無駄金を使っていたのかと恐ろしくなります。

クリーニングが仕上がった後もお店に取りに行かなくていいのもポイントが高いですよね。平日は毎晩遅いので、クリーニング屋さんに出そうにも閉店時間になってるところばかりなので、やはり宅配クリーニングは偉大ですね。

リネットは注文画面がやさしいから使いやすい

宅配クリーニングのリネットはクリーニングに頼む前の注文画面からユーザーフレンドリーです。夫はスマホから注文したそうなんですが、スマホ用にも注文画面が最適化されてあって使いやすかたようです。

注文画面が使いにくしサイトって、画面が小さくて見えにくし、見えにくかったら途中でいいやってなりがちですよね。中年の夫にも注文画面の使いやすさとわかりやすさは好評でした。

いつ集荷に来てもらえて、いつ仕上がるかが注文する前の段階でわかるのは、その後の計画も立てやすくなるのでいいなと思います。

リネットは保証がしっかりしているところも見逃せない

クリーニングでありがちなのが破損や損失などのクリーニングトラブル。宅配クリーニングが近所のクリーニング店と違うのは、万が一のクリーニングトラブルの時の対応が遠くの人とのやりとりにならざるを得ないこと。

電話やメールだけの顔の見えないやりとり。しかもそれがクリーニング事故の対応というのは気分が良くありませんよね。

宅配クリーニングの便利さを享受する以上、相手との距離が遠いデメリットは受け入れなければいけない部分ですが、リネットはその分をしっかりした心憎いばかりの保証がついています。

おそらくですが宅配クリーニングの保証内容でもトップクラスではないかと感じています。もちろんただで保証ついているわけで張りませんが、月額380円の有料会員になればクリーニングトラブルの保証がついてくるのは大きなメリットだと感じます。

リネット贔屓になった最大の要因は出張先のホテルから出せたこと

そんな感じですっかりリネットの宅配クリーニングにはまった夫氏。リネットびいきになった最大の要因は出張先からワイシャツやスーツをクリーニングに出せることだったようです。

宅配なんでホテルのフロントにも集荷に来てくれるというのです。そういわれればそうなんだけど、チェックアウトの際に集荷に来てもらえると確かに楽ですよね。

スーツまで出せるとなると荷物も減りますし、スーツケースの収納スペースも広くなりますからね。出したクリーニングが届くのはもちろん自宅。指定した時間の範囲内に届くのでやはり楽だそうです。

夫は土曜日の午前中に指定していることが多いらしく、理由を聞いてみると宅配クリーニングが届くピンポンを目覚まし代わりにして、生活のリズムが乱れるのを防いでいるのだとか。

リネットの本当の評判がわかる詳細なレビュー記事も参考になったのでリンクしておきますね。

リネットの本当の評判がわかる記事:リネットの全貌!評判悪いクリーニングは本当か?品質を徹底レビュー

出張の多い単身赴任ビジネスマンにとって重宝している宅配クリーニングのリネット。気になるクリーニング品質もしっかりしているから安心して出せるようですよ。

もっと気になるお値段も通常の店舗クリーニングと変わらないので、もうお店にまで持っていてクリーニングに出す理由もないそうです。

 

 

単身赴任の夫から届く洗濯物やクリーニングする洋服に終止符を打った

単身赴任の夫から届く洗濯物やクリーニングする洋服に終止符を打った

主人の急な単身赴任が決まって、あわてて赴任先の身の回りの準備をし終えてから1年が経ちました。単身赴任そのものはこれで2回目。1回目の頃の当初は寂しさみたいな感情もあったのですが、2回目ということもあって今回はそんなセンチメンタルな感情は出てきませんでした。

炊事、掃除、洗濯など家事全般が苦手な主人ですが、今回もあれやこれやとラインから質問が届きます。年齢を重ねたせいか、自炊することも増えたようで調理に関するとをよく聞かれます。

掃除や洗濯に関しては相変わらずで、よく散らかしよく溜め込むタイプのようで下着類の新品が増えていくと言っています。でもこうなったのも私の責任でもあるのですが…。

1回目の単身赴任のときに洗濯物が干せないと言い出した

単身マンションでのひとり暮らしになるので、洗濯機くらいは必要だろうと赴任先で洗濯機を買うとしたとき「オレ、洗濯物干すの苦手なんだよね~」と言われたのです。

「ある程度溜まったらビニールとダンボールに入れて送ってもらっていいよ!」私が犯した最大の過ちです。今となっては絶対に口にしない言葉なだけに、後悔先に立たずです。

一人でこの家を守っていかないといけないプレッシャー、結婚してからというもの家事分担に無頓着で何も手をつけられなかった引け目、さみしさというセンチメンタルな感情に負けていた結果、そんなこと口走ってしまったのが運の尽き。単身赴任先からは2週間に一度、滞ることなく洗濯物が届くようになりました。

単身赴任先から届く主人からの洗濯物を干しているときにふと思いついたことがありました。もし私が体調不良などで洗濯できなかったときはどうなるんだろうと。

仮にそうなったとしても、こちらから仕上がった洗濯物を送れななったとしても、主人は次の洗濯物を2週間後に送ってくるのだろうかと。

コインランドリーを使ってくれない?と提案

主人の洗濯物を私が洗って、干して、送る。このパターンが長く続くことに不安を感じた私は近所のコインランドリーを使ってほしいと提案。断られたらどうしようと不安でいっぱでした。

もし私が体調が悪いときや、天気が悪いが続いたときなどは洗濯が進まないことを話してなんとか了解をえることができました。こんなにすぐOKだったら、はじめからそうしておけば良かったと感じました。夫婦はやっぱり話をするべきですね。

雨の日や寒い日など、コインランドリーに行くのは面倒なようですが、洗濯物が定期的に届かなくなったのは大きな前進です。ていうか、奴隷解放宣言してもいいくらい、主人の洗濯物のお世話をするのに疲れていたんだと感じます。

とはいえ、届いていたのは洗濯物ばかりではありませんでした。季節の変わり目にはクリーニングに出してほしいものもたくさん届いていたのです。

スーツ、コート、革ジャン、ダウンジャケットなど、季節ものの衣類はとにかく重たいですよね。重たい衣類のクリーニングは持っていくのもタイヘンだけど、取りにいって再び持って帰るのもタイヘンなんです。

平日は空いてない、休日だと並ばないと出せないクリーニング

主人の赴任先は東京の端っこのほうとはいえ、かなり都会のためクリーニングに出すとなると並ぶ必要があったのです。でも平日の夜にクリーニングに出すには仕事のため閉店時間に間に合いません。

そこで季節の変わり目の衣替えの時期に重たい冬物衣料が届いていたのです。ただクリーニングって女性ひとりで出すには結構なハードワークですよね。

いくらついでとはいえ、大量の洋服をクリーニングやさんに持って行きたくはありません。そこで宅配クリーニングはどうかと主人に提案しました。宅配クリーニングなら、宅配業者が衣類を取りにきてくれます。集荷してもらう時間帯もこちらが指定することができます。

宅配クリーニングなら並ばなくてもいいし、取りに行かなくてもいい!

主人が面倒くさがっていた並びたくないというクリーニングへの不満も、宅配クリーニングなら問題なくクリアできます。それに受けとる時間まで指定できるなら、休みの日の午前中とかにしておけばピンポ~ンで起こしてもらうこともできます。

休日はどうせ昼間で寝ているのですから。

一石が二鳥にも三鳥にもなる宅配クリーニングにデメリットなんてありません。多少お金はかかりますが、普通にクリーニングをしてもお金はかかるのでかかったことにはなりません。

単身赴任のビジネスマンにもぴったりの宅配クリーニングの比較サイトがあったので提案したところ、いいところを見つけたようです。おかけで洗濯物はコインランドリー、クリーニングは宅配で解決できました。

今は洗濯物が減って悠々自適。あと1年くらい単身赴任を延長してもらいたいくらいです。私もクリーニングが面倒なので宅配クリーニングを利用しようかと考えています。

主人が利用した宅配クリーニングの比較サイトはこちらです・・・単身赴任におすすめの宅配クリーニングを徹底比較

 

正月に見た楽しかった番組の想い出と感想

正月に見た楽しかった番組の想い出と感想

お正月はいろんな特番が放送されていましたね。今年の正月は興味のある番組があまりなかったので、年末ほどはテレビを見ませんでした。個人的には紅白歌合戦がおもしろかったですね。大物歌手があれほどまでにステージに並ぶと、やはりプレミア感があります。ありがたみを感じた紅白歌合戦でした。

2年前にあったお見合い番組はおもしろかった!

特番といえば、2年前に「お見合い大作戦」という番組が3時間スペシャルで放送されていましたっけ。この番組がけっこう面白かったのです。最初は素人同士のお見合いを見て何が楽しいのか?と思っていました。

でも実際に見てみたら、みんな真剣にお見合いをしていて、様々な人間ドラマがあって楽しめたんです。人ごとではスルーできない演出はさすがだと感じました。とにかく共感できるんです。

私も結婚していなかったら婚活していたかもしれないし、出演者の女性陣の言っていることややっていることなんて当然バカにはできませんし、もしもの自分の姿かもしれないと思ってみていますからね。やはり他人事ではないのです(笑)

キレイな子はやっぱりモテるということと愛嬌は大事だということは再確認できた

お見合いではやっぱりキレイな子に人気が集中しますよね。出会いにおいて、特に恋愛や結婚につながる出会いにおいては、第一印象ってとっても大切だと思います。

ただ実際にコミュニケーションしているところを見ると、特別美人というわけでなくても愛嬌のある子は人気が高いですね。いつもニコニコしている女性に男性は癒されるのでしょう。私は愛嬌のないタイプなので勉強になりました。新しい職場での人間関係でも愛嬌のことは意識しておきたいと思います。

あとはスタイルなども男性陣は気にしていない様子でした。けっこうポッチャリ目な女の子が人気だったりしたので、それほどスタイルは意識していないのかもしれませんね。

スタイルやメイク、ファッションを観察してしまうのは女性同士ならではでしょう。私も会社員時代はファッションに結構気をつかっていましたが、意識していたのはやはり女性目線でしたからね。

これは婚活系のブログなどを見てみると、女性は他の参加女性をけっこう観察していたりしますからねぇ。

このお見合い番組では女同士の熾烈な戦いが見れたりして、そんなところも面白いです。こういった人間模様を見られる番組はどんどん見たいですね。ただ余り見過ぎると疲れるかもしれません。